友達と会う機会があったので、

友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸サプリの話題が出ました。
使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いらしいって教えてくれました。
私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。
友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思います。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を減らす効果があります。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。
ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。
結果的に、摂取量が不足している、という場合もあります。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、どのようなリスクがあるのでしょうか。
葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるというデータがあるのです。
それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番良いですね。
では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。
それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。
ピジョンが発売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて入ってますから、一錠飲めば、不足しがちな成分をまとめて補給できるという訳なんですね。この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると言われていますので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。
妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をお勧めします。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。
体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。
このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。
血行を良くして、代謝機能を底上げするだけでなく、リラクゼーションも期待できます。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。
上の子が男の子でしたし、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けを実践していました。
妊娠が発覚した後、性別が判明するまで期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です