神経質な父親がいる空間での出来事

私の父は神経質でなにかと敏感です。
どう神経質で敏感かというと、においや他人の行動です。
食器の茶渋をとるのにキャップ1/3くらいの台所用漂白剤を使い十分すすいで乾かしても「塩素のにおいがする、俺を殺すつもりだ」と騒ぎます。
正直、塩素を使っているところを見たから言っているんじゃないかと思うくらい敏感です。
よそったご飯やお味噌汁まで捨てます。
ホーローのお鍋を洗うときに塩素を少し使ってピカピカにしたときは、そのお鍋で煮た食材を全部捨てられたことがあります。
このほかに、初夏になると山菜やキノコで中毒症を起こして死亡したニュースが流れると、敏感になります。
どう敏感になるかというと、ほうれん草のお味噌汁を作ったら、「これは水仙の葉っぱだろう、だまされて食べると思うなよ」と言って、それも鍋ごと捨てられます。
水仙には球根に心臓を止める毒があるそうで、春先、庭に水仙が咲くと、緑色の食材には敏感に反応しています。
はっきり言って、すごい迷惑なんですけど、心臓病を抱えて生きる父には発作の苦しみが耐え難い恐怖のようで、いろいろなものがちょっとでも疑わしいと敏感に反応します。
もうすぐ庭に水仙が咲く時期です。
絶対にほうれん草やチンゲンサイは使わずにいようと思います。
神経質な父のいるところでは漂白剤も絶対使いません。
心の疲れを少しでも減らせるなら、鍋が傷ついても金たわしで洗うし、緑黄色野菜も食べなくてまったく問題ないです。www.confessionsofdecember.com

花粉症はなぜ出現したのか?

花粉症の季節がやってきたようで,目が赤くなって痒くなり鼻に血も滲むようになりました。
私はヒノキのアレルギーが一番強くイネ科やブタクサの秋までの長い間悩まされますが,今年はスギも反応が大きくなってきたようです。
一年中抗アレルギー薬を飲み続けて反応が出にくい体質作りに努めているのですが,年々範囲が拡がっていくのは困ったことです。
アレルギーを改善する薬や処置法は色々と研究開発されているのでしょうが,舌下免疫療法も大きく報道や告知がされないところを見ると万能ではないのかもしれません。
アレルギーは自然界にある植物やダニなどの生き物に起因するものが多いのですが,化学物質に対するアレルギーも実は多く潜んでいると思います。
昔はあまり聞かなかった花粉症という症状が現代に蔓延しつつある事は,ある意味文明がもたらしたものかもしれません。
過度な清潔を求めることで人間が本来持っていた異物との折り合いがつかなくなった事も要因にありそうです。
文明や生活環境・習慣が生み出した病状であれば副作用ともいえますね。前髪が薄い方向けの育毛剤です

スズメは今年も愛らしい姿を見せてくれるでしょうか

どこの家でもスズメは見られるとは思いますが、スズメの巣を見た事があるかと言われれば見た事のある人は少ないのではないでしょうか。
スズメは人の住まいの近くで暮らす野鳥ですが、いつも目にする姿とは打って変わって、瓦の下や雨どいと屋根の隙間など人の目につきにくい所に巣を作るために
彼らの住まいを見た事のある人は少ないのです。
そんなスズメですが、私の住まう家では、雨戸と壁の間という比較的目につきやすい場所に巣を作ってくれたため、とても可愛らしいスズメのヒナを拝む事が
ここ数年出来ていて、それが私の毎年の楽しみでもあります。
巣を使用するスズメが毎年同じスズメなのか、それは私にはわかりません。ですが春になると決まってスズメのつがいが巣の材料の藁の様なものをクチバシに加えてひっきりなしに雨戸と壁との間を出入りする可愛らしい光景が見られ、気付いた頃には隙間からピイピイと小さなヒナの鳴き声がするのです。
なるべく驚かさない様に隙間を覗き込まない様には心がけてはいるのですが、そこは可愛いもの見たさと無事に育っているのかがどうしても気になってしまうもので、時折覗き込んでしまう隙間には、親スズメよりも小さな、まるで綿毛の塊の様なふわふわの小さな子スズメたちが親スズメの帰りを待ち侘びていて、本当に愛らしいです。
大きくなったヒナたちが巣を飛び出し、拙くも羽を動かし、落ちそうになりながらも必死に飛んで、そして飛び立って行くのを見る時は、こちらもまるで親スズメの気持ちになり「頑張れ!」と応援する気持ちで一杯です。遠くに飛んで見えなくなって行く若スズメたちの姿に少しの寂しさを覚えつつ、立派に生きて欲しいと思います。
今年もスズメたちの繁殖期がやってきました。今年は巣作りに来てくれるかな?可愛いヒナ鳥たちが見れるかな?と気になりつつ、ワクワクしながら待っています。顔をエステはコチラへ

大阪杯G�T昇格に関して意外だったこと

去年までG�Uレースとして行われてきた産経大阪杯が、今年から大阪杯と名前をちょっと変えてG�Tに昇格しました。
そこでちょっと心配だったのは、中距離戦線が充実する一方で、天皇賞(春)に向かう長距離戦線が手薄になるのではないか?ということ。
天皇賞(春)自体は去年までと同様、大阪杯から向かうローテも組めるので問題ないとして、特に気になっていたのは、阪神大賞典、日経賞といった前哨戦のG�U。
これまで以上に有力馬が大阪杯に寄る分、相当寂しいメンバーになるのではと予想していたのです。
しかし、実際には日経賞はフルゲートの16頭が集まり、メンバーもゴールドアクター、ディーマジェスティといったG�T馬も参戦(どちらも崩れましたが)、
例年と比べても見劣らないレースとなりました。
阪神大賞典は…寂しいといえば寂しいメンバーでしたが、ブライアン対トップガンの時代からあんな感じだったと思います。
対して、大阪杯はさすがにG�Tらしい好メンバーが揃ったもののフルゲートは割りました。

中距離重視のレース体系は世界の潮流を意識したものと聞いたことがあります。
でも、自分としては、騎手同士の駆け引きが強く見られる長距離戦独特の面白さも大事にしてほしいと思うのです。
なので、今回の大阪杯の昇格は、長距離軽視の風潮を加速させる要因にならないかと不安視していたのですが…
少なくとも今年に関しては、その不安は的中しなかったようです。長いスパンで見れば、今年の流れだけで安心はできないですけれどね。子供のわきが用の制汗スプレーが有効です

子供が風邪をひいてしまったら

子供が熱を出してしまう事は、幼稚園や小学校に通い出せばいくらでも起こってしまう事ですが、熱を出しても家事をしなければならない主婦や熱が出ても仕事にいかければいけない人たちと違い、学校を休むことになってしまいます。
それが週末ならば、家でゆっくりすればいいのだけれど、平日になってくると私(主婦)の予定が狂ってくるわけです。子供の風邪や熱は可哀想で早く治ってもらいたいと思う反面、いつまで家でゆっくりさせたほうがいいのか?と言うところが判断しにくく、まだ体調が100%ではないけど、1日学校にとなるとまだ無理かな?とか、もう1日家で休ませてあげたいけど退屈しそうだな、など。無理してまで行かす事はしたくはないですが、家にいてテレビを見てゴロゴロして、何もすることがなく暇をするくらいなら学校に行きともだちと遊んだほうが風邪のことも忘れられ、体調が戻りやすくなるのかな?と考えたりもして、いつ学校に送り出そうか悩んでしまいます。メンズサロンは名古屋にたくさんあります

Youtuberとは芸能人なのか?

 最近「小学生の将来なりたい職ランキング」で上位にランクインされるYoutuber。Youtubeといえば、外出先で簡単に動画を見れるサイト。Youtubeに動画を投稿し、動画内で流れる広告費や、動画の再生数で生計を立てる人のことを今日ではYoutuberと呼ぶようになった。今インターネットで話題になっているのが、先月の17日に宝島社から販売された『女子の給料&職業図鑑』という書籍である。書籍内の数ある職業の中、なんとYoutuberの平均年収が747万円と書かれていた。日本では多くのYoutuberが存在するが、人気のあるYoutuberは事務所に所属していたりする。事務所による宣伝効果や、マネジメントによりYoutubeだけではなくTVや雑誌などにYoutuber達が進出するようになった。
 しかし、先週の月曜日に某大物Youtuberの「三股浮気」が暴露され、更に先週木曜日には芸能人である「おぎやはぎ」がラジオで事件について話をした。遂には今週の月曜日、フジテレビ系列「バイキング」でも大きく取り上げられた。一般人が趣味で動画をYoutube上に投稿し、Youtuberになった。今では、Youtube上だけでは収まり切れないほど社会に影響を与える職業となった。果たして彼らは一般人なのか、それとも芸能人なのか?インターネット上では賛否が分かれている。www.arasrecords.com

せんべいは小さくなったのか

最近たびたびあるのですが、ふたを開けたりしてあれ?と思うのです。それはせんべいの大きさが以前と比べ小さくなったような気がするのです。老舗と言われるせんべいもそうですし、スーパーなどで買うせんべいもそうです。特に丸いせんべいがそう思えるのです。気のせいかなとも思ったのですが、先日もらった箱を開けてそう確信しました。食い意地の張っている私が感じるのですからあながち思い込みではないと思うのです。気になって来ました。材料をケチらないと今までのように収益が上がらなくなったのだろうか、とか、景気全体が良くないんじゃないだろうかなどと、考えてしまうのです。せんべいだけでなく皆そう見えてきます。今度チャンスがあったら定規で直径を計ってみようかなとももってしまいます。日本の景気はどう動いているかなどというのはなかなか私には分かりませんが、せんべいの直径から何かが見えてくるような気がするのです。今度は私だけでなく、身近な人の意見も聞いてみようと思います。